会計事務所インタビュー

MyKomon会計事務所の会に参加している会計事務所の最近の活動や取り組みをご紹介します。

※掲載情報は、インタビュー当時のものです

経営者の身近な相談相手でありたい

「経営者の身近な相談相手でありたい」とおっしゃる星野先生。企業の成長をサポートするため、色々な取り組みをされている先生にお話を伺ってきました。

Q 公認会計士を目指したきっかけを教えてください。

手先も器用でありませんし、営業マンというタイプでもありません。地道にコツコツやるタイプなので、会計人がよいと高校時代に決め、目指すことにしました。

Q 経営理念を聞かせてください。

私たちは、自分自身商品であることを認識し、常に向上心とチャレンジ精神を持たなければならない。
私たちは、自分自身の資質を高め、お客様に安心と信頼を与える価値ある情報を提供しなければならない
私たちは、お客様に価値ある情報を提供して社会的責任を果たさなければならない。
会計事務所にとっては自分自身が商品になります。そのため、常に向上心を持ち続け、知識を身につけることで、自分自身の価値を高めていかなければなりません。お客様に何を聞かれてもアドバイスできるようにすることで、信頼関係を築いています。また、価値ある情報をタイミングよく提供することで、社会的責任を果たすことを心がけています。

Q 事務所の取り組みについて教えてください。

現在は期末に経営計画書を作成し、毎月の予実管理を行うことで、お客様自身に現状の課題の認識をしていただきます。更に一緒にディスカッションを行って、課題解決のサポートをしています。

また、企業の再生や経営改善、創業については国も力を入れており、助成金・補助金も整備されています。経営革新等支援機関の認定を受け、経営計画書の作成や企業再生、経営改善支援等、積極的に取り組んでいます。

これからの農業経営においてはTPPの影響もあり、経営改善が必要となっていますので、農業経営アドバイザーとしてサポートしています。

さらに平成27年税制改正後の相続税対策については、セミナー等を開催し、積極的に取り組んでいます。

Q 特化されている医業の取り組みについて教えてください。

日本医業経営コンサルタント協会に加入した時、医業に特化することを決意し、MyKomonの診療報酬データベースを使って、診療報酬の分析を行うことで差別化を図っています。また、一事務所としての取り組みでは限界があるので、医業関連の業者や金融機関とも提携して、情報交換しています。

Q 経営者へのメッセージをお願いします。

アベノミクスによって一部の大企業は業績が上向いているようですが、地方においてはまだその実感はありません。大変な時代ではありますが、経営者の身近な相談相手として、課題解決をサポートさせていただきますので、よろしくお願いします。

星野公認会計士事務所
http://www.hoshinocpa.com/pc/

星野先生、ありがとうございました!